修理費用の相場は?

トイレのつまりや水漏れなどのトラブルに対応してくれる専門業者。修理費用はケースバイケースで違いますが、おおよそこのくらいは必要、という目安の相場を算出しました。また、自分で修理する際に必要な道具の値段もまとめています。

トイレの修理にかかる費用はいくら?

自分で修理をするときにも、必要な道具や部品の購入にお金がかかります。自分でトイレの水漏れを修理する場合にかかる費用は、次の通りです。

トイレの水漏れなどを業者に依頼した場合、作業料金に加えて、基本料金、出張費がかかります。そのほか、修理の内容によっては、交換部品代、廃材諸経費、特殊作業費、深夜・早朝料金などがかかる場合も。 費用で業者を比較するときには、修理にかかる総額をまとめた上で、比較・検討するようにしましょう。
以下に、トイレのつまりや水漏れなどにかかる費用の相場をまとめてみました。

トイレのつまり 軽度 5,000~7,000円
中度 10,000~18,000円
高度 10,000~50,000円
配管詰まり 7,000~15,000円
配管洗浄
(高圧洗浄機使用)
15,000~38,000円
トイレの水漏れ 調整作業 4,000円前後
パッキン交換 4,000円前後
タンク内部品交換
(タンク脱着なし)
6,000~8,000円
タンク内部品交換
(タンク脱着あり)
8,000~12,000円
給水管交換 5,000円前後
シャワートイレ便器交換 4,000~12,000円
洋便器交換 25,000円前後
基本料金 3,000~4,000円
出張費 3,000円前後

自分で水漏れ修理をする場合にかかる費用

流れる水の量が少ないために詰まりを起こすこともあります。たとえば、大をしたにも関わらず、小のレバーで流そうとすると、水量が足りなくて流れず、詰まってしまうこともあるのです。

  • ・ラバーカップ 1,000円前後
  • ・パイプブラシ 1,500円前後
  • ・重層 200円前後
  • ・その他部品代 500~5,000円(必要な部品によっては、5,000円以上かかる場合もあります)

自分で修理をする場合には、安ければ3,000円前後でできますので、原因がはっきりしている場合や、素人でも修理できる内容のものであれば、DIYも可能です。

しかし、専門知識がない人がやろうとすると、水漏れなどの原因の特定や修理にも、かなりの時間がかかります。水漏れの程度にもよりますが、簡単そうに見えて、かなり面倒だった、時間ばかりかかって、結局、直すことができなかった、トイレの構造や原因がわからないまま作業を進めてしまい、よけいに状況を悪化させてしまったというケースも少なくありません。

また、別ページでは、トイレつまり時の原因確認の仕方や直し方を紹介していますが、どちらにしろ費用がかかるのであれば、時間や労力を無駄にせず、確実に直してもらえるプロに任せたほうが安心です。

料金やスピードなど、業者を選ぶうえで重要なポイントで水道業者を比べてみたので、プロに頼む人は参考にしてみて下さい。(トイレのトラブル時に「頼れる水道業者」ランキングを見る>>

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。