トイレ以外の水回りのつまりを直す方法お風呂のつまりの直し方

身体を清潔に保つために入るお風呂。ほとんど毎日使うので、汚れが溜まりがちな場所です。お風呂の排水口がつまってしまうと、とても不便な思いをしてしまいます。万が一つまってしまったとき慌てないように、原因と対処法を知っておきましょう。

お風呂のつまりの原因は?

お風呂のつまりと言っても理由はさまざま。ここでは、考えられるつまりの原因を紹介します。どんなことが原因となのかを覚えておけば、もしものときに素早い対応が可能です。

■身体からでる汚れ

お風呂で体を洗ったときにでる皮脂の汚れが、つまりの原因になります。1回の入浴ではつまりませんが、毎日入浴することで少しづつ汚れが溜まっていき、つまってしまうのです。

■石鹸や洗剤のカス

身体やお風呂場を洗うときに使用する石鹸や洗剤が、つまりの原因になってしまうこともあります。排水口に溶けきらなかった石鹸や洗剤が流れ込んで溜まり、そこへ毛髪が絡みついてしまうのです。

■固形物が誤って流れ込む

お風呂場で使用するものの一部が排水口に流れ込むことで、つまりの原因になります。たとえば、シャンプーボトルのキャップや入浴剤の袋、カミソリの刃などです。間違って落としてしまった場合は、すぐに回収してください。そのときに水が流れていても、それが原因で、後に深刻なつまりにつながる恐れがあります。ひどい場合には、大掛かりな修理を行わなければいけなくなります。

お風呂のつまり対処方法

■定期的な掃除でつまりを予防

お風呂場のつまりは、掃除をすることで予防できます。髪の毛や石鹸カスが溜まりやすい場所でもあるので、こまめな掃除が必要です。定期的に掃除が、つまりを防止する最適な方法だと言えるでしょう。

■60度以下のお湯を流す

軽度のつまりなら排水口にお湯を流すことで、解消できる場合もあります。お湯を「ゆっくり」と流すのがポイント。排水管内にある油脂を徐々に溶かすことで、水の流れを改善します。ただし、熱湯はNG。60度以上のお湯を排水管に流してしまうとパイプや配管を傷めてしまう可能性があるので注意してください。

■針金を加工してかき出す

便器内に針金を突っ込むことで、つまりの原因を取り除くことができます。家庭内にあるもので代用できるため、緊急時でもすぐに対応可能。おすすめは針金ハンガーで、針金を伸ばして先を「輪っか」にして使用します。ラバーコーティングされているものなら排水管を傷つけません。ただし、あまり奥まで入れてしまうと取れなくなることがあるので、注意してください。

■重曹やクエン酸などで溶かす

つまりの原因が皮脂や石鹸カスが蓄積したヘドロのようなものであれば、重曹(アルカリ性)とクエン酸(酸性)の組み合わせがおすすめです。皮脂は酸性、石鹸カスはアルカリ性と性質が異なります。重曹とクエン酸の組み合わせなら、どちらにも対応可能。つまりが発生する前に定期的に重曹とクエン酸を投入して、掃除をすることも大切です。

■市販のパイプクリーナーを使用する

毛髪が原因の場合は、水酸化ナトリウムが入っている専用のパイプクリーナーを使用しましょう。薬剤なので、効果的につまりを解消してくれます。1点気をつけたいのが、他の薬とまぜないこと。「まぜるな危険」という表示があるものは、組み合わせによって有毒なガスが発生してしまうこともあります。作業中はマスクや手袋を着用し、換気を十分に行なってください。

■スティック型のパイプクリーナーで掃除

プラスチックの棒に釣り針のかえしのようなギザギザが付いたパイプクリーナーで、排水口の汚れを除去。固形物でなければ、効果的につまりを解消できます。ただし、プラスチックなので強く力を入れてしまうと折れてしまう可能性も。折れた部分がつまりの原因となるので、細心の注意を払って取り扱いましょう。

■ラバーカップでつまりを除去

トイレのつまりに使用することの多いラバーカップは、お風呂のつまりにも効果的です。使用方法は、排水口にかぶせて引き抜くだけ。水が排水管内に入っていないと水圧をかけにくいので、事前に水を流しておきましょう。トイレで使ったものをお風呂に使いたくないという人は、お風呂用に別で用意しておいてくださいね。

■信頼できる水道修理業者に依頼

どうしても直らない、原因が分からない場合は、水道修理業者に依頼するのも手です。原因が分かっていて簡単に直せそうなものであれば、つまり除去にチャレンジしてみるのもいいでしょう。ですが、無理やり直そうとして壊してしまっては、余計な手間と出費がかかってしまう可能性も。できるだけリスクを軽減するためにも、むずかしいと感じたら水道修理業者に依頼することをおすすめします。

お風呂の排水構造

つまりを解消するためには、排水内部の構造を知ることも大切です。内部構造を把握していれば、どこがつまっているか予想しやすくなります。

■お風呂の排水口は複雑な構造になっている

お風呂がユニットバスの場合、洗い場と浴槽内に排水口が設置されています。この2つの排水口は同じ配管に接続されていることがほとんど。お風呂場でつまりが発生した場合、内部のどこかでつまっていることになります。
複雑な構造になっているので、どこがつまっているか特定するのはむずかしいのです。とはいえ、ポイントは「浴槽の排水口」「洗い場の排水口」「排水トラップ」「排水管」の4つに絞れます。
浴槽や洗い場の排水口が原因なら比較的簡単に直せますが、排水トラップや排水管がつまっている場合は、水道修理の専門業者に相談したほうが無難です。

■排水トラップは悪臭を防ぐ

あまり聞きなれない排水トラップですが、下水の悪臭を防ぐ大事な役割を担っているのです。排水口と排水管の中間に「封水」という水を溜めておくことで下水からの悪臭がお風呂へ侵入するのを防いでいます。
排水管がつまってしまうと、排水トラップに水が溜まり過ぎてあふれ出す原因に。あふれた「封水」にはお風呂で流した汚れが蓄積されているため、雑菌が繁殖しています。衛生的な面からもあふれてきた水には触らないようにしましょう。

修理にかかる費用

■自分でつまりを直す場合

つまり具合によって使う道具や費用が変わってきます。自分で詰まりを直す場合の大まかな費用をまとめました。

【 薬剤なら約200~2,000円 】

排水口に注ぐだけで簡単につまりを解消できる薬剤のパイプクリーナー。手軽に使用できるものからプロ仕様の強力なものがあります。
常備しておきたいのは、200円前後のものです。1週間程度の間隔で使用すれば、つまりの予防にもなりますし、もしものときもすぐに使えるので便利ですよ。
強力な薬剤は約2,000円ほどしますが、しつこいつまりも解決してくれます。ただし、劇薬に指定されるほど強力なものが多いため、取り扱いには注意しましょう。

【 専用の道具は約1,500円 】

ラバーカップやワイヤーブラシといった、つまり専用の道具はホームセンターや通販などで購入できます。価格は約1,500円なので、いざというときのために買っておくといいでしょう。単純なつまりならすぐに解消することができますよ。

■業者に依頼した場合

つまりの原因が複雑な場合は、水道修理の専門業者に依頼する必要があります。お風呂の排水口のつまりは、髪の毛や皮脂の汚れが排水パイプに付着して起こることがほとんど。基本料金は5,000~8,000円前後です。
専用の薬剤を使用する場合はプラス8,000円から。排水管用の高圧洗浄機を使う場合はプラス15,000円からです。つまりの症状が軽いほど安く済むので、自分で直そうとして事態を悪化させる前に、業者に相談することをおすすめします。

お風呂のつまりで困った人の体験談

お風呂の排水口がつまってしまいました。市販の薬剤を使ったのですが、詰まりを解消することはできず…。「強力な薬剤ならいけるかも」と思い買いに行きました。粉末タイプのものを購入して使用したところ、見事につまり解消!ただ、排水口に粉末を入れる時に少し吸い込んでしまいました。
かなり咳き込んでしまい苦しかったです。強力な薬なので身体に影響がないか心配ですね…。次回からは細心の注意を払いながらマスクやゴーグルを着用して使います。

お風呂の排水口がつまりやすかったので、定期的に掃除をしてつまらないように気をつけていました。いつもなら3ヵ月に1度程度でしたが、徐々に期間が短くなって最終的には数日に1度つまるように。掃除をしても解決できないので、水道修理業者に相談することにしました。
どこが良いのかまったく見当がつかなかったので、ネットで口コミの良い業者を探して連絡。状況を説明したところすぐに駆けつけてくれました。原因を調べてもらったら、パイプ内の詰まりがあったようです。早速修理を依頼すると迅速に対応してくれました。
修理後はまったくつまらなくなって、快適に使えています。頻繁にやっていた掃除に追われることもなくなりました。こんなことならもっと早く相談していれば良かったと思っています。

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。