トイレ以外の水回りのつまりを直す方法洗面所のつまりの直し方

毎日のように使う洗面所。つまってしまうと、とても不便ですよね。つまりの原因には、いろいろな要因が考えられます。ここでは、つまりの原因や対処法を載せているので、参考にしてみてください。

洗面所のつまりの原因は?

毎日使う洗面所のつまりの原因はさまざま。主な原因をご紹介します。

■毎日生え変わる体毛

体毛の中でも、つまりの原因になるのが毛髪やヒゲです。洗面所は、毎日のように身だしなみを整える場所。掃除を怠ると、排水口に付いているヘアキャッチャー(網目状のフィルター)に汚れが溜まり、つまりの原因となります。

■洗剤・石鹸カス

洗剤や石鹸が溶けきらずに、排水管に溜まることでつまりの原因になることがあります。油脂分と反応して固まる性質があり、他の汚れを吸着して固形化することも。

■ヘアピンや指輪などの小物

洗面所で間違って流してしまうものとして挙げられるのが、ヘアピンや指輪、ヘアゴムなどの小物です。ヘアキャッチャーで止まればいいのですが、排水管内に入ってしまうと回収するのが困難になってしまいます。洗面所では、小物を扱わないようにしましょう。

■ゴミやホコリの蓄積

徐々に蓄積していくのが、細かいゴミやホコリです。急につまるわけではなく、少しずつ溜まっていくため、なかなか気づくことができません。なんとなく流れが悪くなったなと思ったら、排水口や排水管をチェックしてみることをおすすめします。

洗面所のつまり対処方法

■排水口をキレイにしてみる

洗面所の排水がつまってしまったときに確認してほしいのが、排水口に付いているヘアキャッチャーです。掃除をしていないと、毛髪や石鹸カスなどのいろいろなゴミが溜まってしまいます。使用後の歯ブラシやタワシなどで網目をキレイにしましょう。これで流れるようになればラッキーです。

■排水管の中を掃除する

排水口の掃除で解決できないときは、排水管の中を掃除する必要があります。定番のラバーカップや重曹・お酢を流し込むペットボトルを加工して使うなど、方法はさまざま。1つの方法を試すだけよりも、複数を組み合わせると効果的です。まず、重曹やお酢で排水管内の汚れを分解、ラバーカップで引き抜いて流します。最後にらせん状に加工したペットボトルでかきだします。ほとんどのつまりは、これで解決するはずです。

■排水管を分解して掃除

ラバーカップや重曹、お酢などを試しても改善されないときは、排水管を分解して掃除する方法もあります。排水管の種類は、大きく分けてS字・P字・U字トラップの3種類。取り外し可能なものであれば工具を使って取り外せます。注意したいのは、取り外し不可なものや、取り外しにくいものは無理やり分解しないということです。無理をして排水管を壊してしまうと、さらに修理費用がかかってしまいます。

■水道修理業者に依頼する

上記の方法を試しても解決しない場合は、水道修理業者に頼むことをおすすめします。とくに取り外せない排水管や老朽化しているものは、自力で修理しようとすると壊れる可能性が高いです。失敗してしまうと余計な出費がかさんでしまいます。つまりを専門に直してくれるプロに頼むほうが、お金も時間も節約になる場合があることを頭に入れておきましょう。

洗面所のつまりに関係する排水管の構造について

洗面所の水が流れていく排水管は、そのまままっすぐ床につながっているわけではなく、一般的なものは途中で大きくUターンして一旦上に伸びて、それから壁や床に向かってつながっていきます。

これは、「トラップ」という装置によるもので、S字やP字に曲げて配管することで、Uの字に曲がった排水管の部分に常に水を溜めておくようになっています。この溜まった水のことを封水と呼び、下水道から虫や悪臭が上がってくるのを防止する目的があります。

もし、床に向かってまっすぐに排水管が伸びていれば、よっぽど大きなものを流さなければ詰まることはないでしょう。しかし、Uの字にカーブがあるトラップ付きの排水管では、流れる水の勢いが落ちてしまい、一旦上に上らなければならないので、細かいゴミや髪の毛などが蓄積されて詰まりやすくなってしまうのです。

特に、洗面所は髪の毛を梳かしたり乾かしたり、ヘアセットするために使用することが多いので、洗面所の中に髪の毛が落ちやすく、排水管の中に少しずつ髪の毛が堆積してしまう恐れがあります。さらに、石鹸やシャンプー、ヘアクリームや化粧品など、油分の多い成分も一緒に流れ込んでしまうので、それらが髪の毛にからみついてぬめりが発生し、余計に流れにくくなって詰まりの原因になってしまいます。

洗面所から悪臭がする時の原因と対策

特に排水管が詰まっていなくても、洗面所の排水口から悪臭がすることもあります。洗面所の排水管も最終的には下水につながっているので、そこから臭いが上がってきているのかもしれません。通常ならば、洗面所の構造で説明したとおり、U字になった部分のトラップに封水が溜まっていて、臭いが上がってくるのを防いでいるのですが、長い間留守にしていたり空き家だったりすると、トラップ部分の封水が乾いてしまって、下水からの臭いがそのまま上がってきている可能性があります。この場合は、水を流しておけばトラップ部分に水が溜まるので、しばらくすれば臭いもなくなるでしょう。

しかし、トラップから下の部分のホースや配管と、下水につながる排水口に隙間が空いている場合は、そこから悪臭が漏れているのかもしれません。隙間があるとゴキブリなどの害虫も侵入しやすくなるので、応急処置として隙間にテープを張っておき、業者に依頼して隙間をふさいでもらえば臭いも解消できるでしょう。

洗面所の排水管が詰まったら業者に依頼すべき?

洗面所が詰まった時、排水口の入り口に髪の毛やゴミが溜まっているだけなら取り除けばすぐに解消されますし、トラップ部分に髪の毛が溜まっている場合でも、重曹や薬剤などで溶かして解消することもできます。また、トラップ部分は自分で取り外して掃除ができるようになっているので、薬剤などで除去できないゴミを直接取り除くこともできます。

ただ、もしトラップ部分を掃除しても詰まりが解消されない、気を付けていてもすぐに詰まってしまうという場合には、排水管や接続部分に問題があるのかもしれません。そうなってくると、自力で解消するのは困難ですので、無理にいじって水漏れなどが生じないように、早めに業者に依頼することをおすすめします。

洗面所が詰まらせないための予防方法

洗面所は、毎日身だしなみを行うだけでも、髪の毛や化粧品、整髪料など詰まりの原因になるものが流れ込みやすい所です。そのため、洗面所には髪の毛をそのまま流さない、排水口の入り口に網やシールを設置して髪の毛を受け止めるようにするといった対策を取り、こまめに排水口入り口を掃除していれば、詰まることはほとんどないでしょう。石鹸やシャンプーなどを流さないことは無理なので、とにかく髪の毛はなるべく流さないような工夫を施してみてください。

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。