トイレ以外の水回りのつまりを直す方法

家の中には、トイレ以外に水回りがたくさんあります。場所によってつまりの原因はさまざまなので、適切な対応が必要です。各場所のつまりの原因と対処法をまとめたので、参考にしてみてください。

お風呂

1日の疲れや汚れをキレイに洗い流してくれるお風呂。癒しの空間として、毎日の楽しみにしている人もいるのではないでしょうか。しかし、頻繁に使うところなので、少しずつ汚れが溜りつまってしまいます。お風呂場の排水がつまってしまうと、非常に不便。さまざまな原因が考えられるため、すぐに特定するのはむずかしいでしょう。たとえば、皮脂や石鹸カス、固形物などが挙げられます。つまってしまったときは、焦らずに適切な対応をすることが重要です。対処法として、定期的な掃除はもちろん、薬剤を使ったり道具を使ったりします。冷静に対応することが、つまり解消への近道と言えるでしょう。もしものときに、対応できるよう原因と対処法を調査したので、参考にしてみてください。

キッチン

料理や洗い物をするときに欠かせないのがキッチン。毎日使う場所なので、排水口がつまってしまうと困ってしまいますよね。料理をしているときに出たゴミや洗い物の際に流れた汚れが溜まることで、つまってしまうことがあります。排水口だけでなく、蛇口のつまりにも注意が必要です。主な原因として、排水トラップや排水管内部の汚れ、青サビの蓄積などがあります。対処法も、つまっている原因によって変えなければなりません。簡単なものであれば、排水口のゴミ受けを掃除するだけで解消することも。排水管の内部がつまっている場合も、軽い汚れであれば重曹やクエン酸を流し込むだけで解決できる可能性があります。青サビは、設備の老朽化が原因であることが多いため、状況によっては交換が必要になるでしょう。いざというときに対応できるよう、対処法を確認しておくことをおすすめします。

洗面所

朝の仕度やお出かけ前の準備に欠かせない洗面所。排水がつまってしまうと、1日のスケジュールに影響が出てくることもあるでしょう。つまってしまう原因は1つではなく、さまざまです。可能性が高いものとして、毛髪やヒゲなどの体毛、洗剤・石鹸カスなどが挙げられます。ほかにも、ヘアピンや指輪などの小物が、排水管内に流れ込むことでつまりの原因になることも。ほとんどの場合は、排水口や排水管を掃除することで、つまりを解消できます。ひどい状況になると、工具を使って排水管を分解して掃除することが必要です。ただし、排水管の分解は、ある程度の技術が要求される作業。自己責任で行なう必要があります。簡単な対処法から確実に直せる対処法まで載せているので、参考にしてみてください。

排水

排水口は、家中に設置されています。主にあるのは水回りでしょう。頻繁に使う場所からつまりやすくなってしまいがちです。とはいえ、つまる原因はさまざま。ここでは、排水口がつまってしまう原因と対処法を紹介しています。キッチンでは「油脂分」、お風呂場や洗面所では「石鹸・洗剤カス」などが比較的多いつまりの原因です。また、水に溶けない「異物」を流してしまうことや、排水管の経年劣化による寿命が原因の場合もあります。簡単な対処法として、バケツを上手く使って汚れを除去。ラバーカップや重曹・クエン酸を使う定番の方法もあります。他にもペットボトルを加工して、ごっそり汚れを取りだす方法もあるんです。あらゆる方法を試してもつまりが解消できないときは、水道修理業者に頼みましょう。リスクなしで確実につまりを解消してくれますよ。

洗濯機

毎日衣類を洗ってくれる洗濯機は、その分汚れもたまりやすいもの。掃除を怠るとあっという間にゴミやホコリで詰まってしまうことがあります。そんな時は詰まり専用の薬剤を使って解消しましょう。ただし、薬剤を使うときは健康のために必ず換気をしてください。また、子どものおもちゃやイヤホンなども、誤って洗濯機に入れてしまうと詰まりの原因に。自分で回収できず、どこにあるかわかりにくいときは業者を呼ぶのがおすすめです。洗濯機は日常的に使うものなので、詰まらせることがないようにフィルターや洗濯槽の掃除をして、洗う前に洗濯物に付いた汚れは極力落とすようにしましょう。洗濯機の故障が原因の場合もあるため、基盤やモーターに異常があった場合はすぐに修理を依頼してください。

雨樋(あまどい)

雨水を排水へ流す役割を持つ雨樋。屋外に設置されているため落ち葉や腐葉土が溜まって詰まりやすくなっています。傾斜が足りず接続部に負担がかかってゆがむことも。詰まった場合は水を勢いよく流す、雨樋を掃除するなど自分でできる方法を試してみましょう。ホースで強めに水を流すだけでも、軽めの詰まりであればすぐに解消できるはず。大きくて流れないゴミはトングや箒を使って取り除き、水が流れる場所を作っておくとスムーズに詰まりを解消できます。パイプ内が詰まっているのであれば、専用のクリーナーを使うのもひとつの手。壊れているところがないか確認しながら掃除してくださいね。どうしても難しい場合は水道業者に頼みましょう。

浄化槽

トイレの排水を溜める浄化槽。ここが詰まるとトイレが使えなくなるのに加え、悪臭や細菌の発生源になってしまいます。浄化槽が詰まっているとわかったら、すぐに詰まりの原因を特定して直しましょう。浄化槽が詰まる原因はいくつかあり、主にティッシュやオムツなど水に溶けないものを流したり油やペットの糞を流したりすることが挙げられます。対処としては屋外の排水管を調べ、バキュームで浄化槽の掃除をするのが一般的。詰まった箇所が排水管であれば自分で直せますが、浄化槽そのものの場合は専用機器を使わなくてはいけません。そのため、費用もそれなりにかかります。浄化槽は家庭排水の中でもつまりの解消が難しいので、日頃から注意しましょう。

散水栓

散水栓は花壇の水やりや洗車など、さまざまなところで必要になる設備です。ほとんどが屋外に設置されているため、土や汚れが詰まりやすくなっていることも。汚れ以外の原因としては、金属配管の腐食で発生したサビや配管用の接着剤などがあります。長年使っている、もしくは修理やリフォームした直後に起こりやすいので注意しましょう。本体や蛇口の先端を取り外したり配管ごと交換したりすることで詰まりを解消できます。ただ工具を使った水道修理に近い方法なので、DIYが苦手な方はやめておいたほうがいいかもしれません。材料や工具を揃える手間や費用を考えると、業者に依頼するほうが安くつく可能性も。確実に直せるという自信がないのであれば、専門家が揃っている水道業者に頼みましょう。

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。