トイレのつまりをハンガーで解消

トイレつまりが起きたときに、なんとか自分で直そうと試みる方も多いと思います。そんな時に役立つものが、ほとんどのご家庭に用意されている「ワイヤーハンガー」です。 ワイヤーハンガーは自分で形を変えることも簡単ですが、針金として柔らかすぎるわけでもありません。そんなところが、トイレつまりを解消させるために最適なのです。 トイレつまりは頻繁に起きることではないため、直すための道具が用意されていないことも多いでしょう。つまりが起きたら慌てずに、まずはご自宅のワイヤーハンガーで、つまり解消を試してみてください。

ハンガーでトイレつまりを解消する方法

ステップ1:ワイヤーハンガーの準備をする

ワイヤーハンガーを真っすぐに伸ばして、先の方だけ丸い円状にします。円の部分をトイレの排水管に入れるので、排水管に入る程度の大きさの輪を作ってください。先の方を円形にすることで、便器などを傷つけてしまう可能性が低くなります。また、持ち手の部分を少し曲げておくと、排水管の中に入れやすくなるでしょう。

ステップ2:円形にした部分を排水管に入れる

トイレの排水管の中に、ハンガーの円形にした部分を入れていきます。排水管の中でハンガーを少しずつ動かしていくと、つまりの原因部分に当たる感触があると思います。上下左右に方向を変えながら、少しずつ動かして原因を探してください。

ステップ3:つまりの原因を崩していく

つまりの原因部分が見つかったら、つまりを少しずつ崩していきます。原因を探した時と同じように、上下左右に動かして根気よく崩しながら、奥の方に押し込んでいきましょう。ただし、水に溶けないものがつまっている場合は押し込むのではなく、ハンガーの円形部分に引っかけて取り除くようにしてください。

ステップ4:水が流れれば完了

つまりの原因を少しずつ押し込んでいくと、徐々に水が流れていくはずです。水が流れていれば、つまりが解消されていっている証拠。便器の中の水が全て流れ切ったら、レバーで水を流す前に、バケツの水を流してみてください。それで問題なく流れれば、トイレつまりは解消されたということになります。

ハンガーでトイレつまりを治す時の注意点

ハンガーを無理やり押し込まないこと

ハンガーは力で変形してしまうものなので、無理に排水管の中に押し込むと、排水管の形に変形しながら奥の方にいってしまいます。そうなると、ハンガーが排水管の中から取れなくなったり、便器や排水管が傷ついたりする原因に。ハンガーでつまりを解消する方法は、あくまでも自己責任の下、適度な力加減で根気強く行うようにしてください。

「水に溶けないもののつまり」は解消できない

こちらでご紹介した方法は、トイレットペーパーや便などの「水に溶けるもの」がつまった時の解消法です。つまり、スマホやライター、生理用品、ハンカチなどがつまった場合には、この方法は使えません。ハンガーの円形部分に引っかけて取れる可能性もありますが、一歩間違えればさらに奥の方に行ってしまうこともあるので危険です。

つまりの原因によっては業者に依頼するべき

水に溶けないものを無理に押し込んだ場合、トイレの故障に繋がることもあります。業者に依頼してトイレの故障を直そうと思うと、つまり解消を依頼するより修理代が高くなってしまう場合も。そのため、つまりの原因を把握して、「ハンガーで解消できそうなつまりなのか」を適切に判断することが大切です。また、トイレつまりを気軽に相談できるよう、付き合いのある業者を作っておけば心強いでしょう。

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。