トイレの
トラブル
お悩み リスト
トイレタンクの水漏れ

節水トイレのつまり

近年の節約志向によって、新築の戸建てやマンションなどでは節水トイレが導入されることも多くなってきました。また、戸建てのリフォームをするときに節水トイレに替えるケースもあります。節水トイレは一般的な洋式トイレと若干構造が異なりますが、つまってしまったときの基本的な対処法は同じです。では、節水トイレのつまりを解決するためには、どのようにすればいいのでしょうか。その対処法を見ていきましょう。

対処方法

節水トイレをはじめとする、タンク式トイレの詰まりを解消するには、以下の方法がおすすめです。

ラバーカップを使う

トイレの詰まりといえば、ラバーカップ(スッポン)です。これを便器の奥にあてて押したり引いたりすることで、詰まりを解消することが出来ます。注意しなければならないのは、節水トイレは、少ない水でも流れるように一般的なトイレとは形状が違うため、通常のラバーカップでは、うまく作業が出来ない可能性があることです。ですので、節水トイレ専用のラバーカップを使うようにしましょう。通常の円形状のゴムの部分に帽子のツバのような形のものが付いているのが節水トイレ専用のラバーカップです。このツバの部分があることで便器の奥の隙間をなくすことが出来ます。

バケツで勢いよく水を流す

トイレットペーパーやお掃除シートのような、便器に流すべきものがうまく水に溶けずに詰まってしまった場合には、バケツなどに大量の水を入れて流すことで詰まりが解消できることがあります。特に難しいことはなく、ただ水を勢いよく流すだけです。ただし、スマートフォンや名刺入れのような、便器に流すべきものではないものを知らないうちに落として詰まらせてしまった場合には、詰まりが解消できないどころか、逆に便器内に水がたまって溢れてしまう可能性があるので注意が必要。最初に少し水を流してみて様子を見た方が良いかもしれません。

お湯を使う

こちらの方法も、トイレットペーパーなどが詰まった場合におすすめの対処方法です。水よりもお湯の方が、これらを溶かしやすいのでお湯を入れると詰まりが直ることがあります。更に重曹とお酢を混ぜて使うと二酸化炭素の泡が発生するため、その泡の力を使って直す応用方法で詰まりを解消することも可能です。

パイプクリーナーを使う

パイプクリーナーとは、ラバーカップにポンプが付いているような道具です。使い方は、ラバーカップと同様で、先を便器の奥に押し当ててポンプのレバーを押したり引いたりするだけ。少しコツがいるので、慣れるまではゆっくりと作業するのがおすすめです。

節水トイレは本当につまりやすい?

節水トイレは「つまりやすい」と言われることがありますが、これは「節水トイレは流れる水量が少ない=トイレットペーパーが流れにくい」というイメージがついてしまっているためと考えられます。適切な使い方をしていれば、そうそうつまることはないでしょう。
とはいえ、節水トイレの構造上、ある条件下でつまりやすい状態になってしまうことは否めません。節水トイレはわずかな水量で流れるよう、サイフォン現象を利用しています。管が水でふさがった状態のときに、下から上に水が流れるという仕組みです。これにより水が引っ張られて流れていくわけですが、サイフォン現象を妨げられると水の流れも滞り、つまりやすくなります。
節水トイレには、トイレのトラップの下部にゼット孔と呼ばれる穴が開いています。ここに尿石などの汚れがたまると穴がふさがってしまい、サイフォン現象を妨げる原因に。こまめに掃除をしてゼット孔がふさがらないようにすれば、つまりも起きにくくなります。

リフォームトイレがつまりやすい可能性がある

戸建ての家でリフォームをするときに、従来のトイレから節水トイレに替える家庭も多いです。リフォームトイレは、新築時に備え付けの節水トイレよりも多少つまりが起きやすい傾向にあります。
床に排水管がつながっているトイレのリフォームをする際、排水管の位置がそのままだと、新しい便器が前にせり出して後ろにスペースができてしまいます。その場合は、床を外して排水管の位置を変える工事が行われるのが一般的です。
しかし、この工事は煩雑であり期間や費用も要することから、リフォーム専用のトイレ構造が開発されました。便器から排水管に接続するまでに角を作って折り曲げることで、排水管の位置を変えずにリフォームできるというものです。これなら排水管の大規模な移動は必要ありません。
ただ、このタイプは折り曲げたことで水の通り道がスムーズでなくなり、角にトイレットペーパーなどが引っかかることがあります。まっすぐな排水管を使ったトイレよりもつまりやすいのです。もし床に排水管がつながっていたトイレのリフォームをした場合には、つまりに注意しておいたほうがいいかもしれません。

正しく使えばつまらない

節水トイレやリフォームトイレに構造上つまりやすい原因があることは確かですが、だからと言ってトイレ自体に問題があるわけではありません。本来、便器はつまるようにはできていないため、正しく使っていればつまることはあまりないのです。トイレットペーパーと便以外のものは流さない、トイレットペーパーをまとめて流さないなど、基本的な使い方を守るようにしましょう。また、まめに掃除をすることでつまるリスクを減らすことができます。

それでもダメなら……
みずもれ先生 節水トイレは、気をつけて掃除をこまめにしておけば、特に従来のトイレよりもつまりやすいということはない。リフォームトイレであっても正しく使うことで、つまりを防ぐことができるんじゃ。それでもつまってしまったときは、すぐに業者に相談することをおすすめするぞ。業者は節水トイレの構造にも詳しく、リフォームトイレの対処法も熟知しておるのじゃ。
頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。