トイレが流れない時の解消方法

一度起こると厄介なトイレのづまり。直すまで流れなくて使えないため、とても困ってしまいます。
詰まりは業者に頼むのが速く確実に直す方法といえるでしょう。自分で汚れを触ることなく処理してもらえるため、手間がかからず便利です。
しかし、業者を頼むにも費用がかかります。トイレ詰まって流れない時はプロに任せるだけでなく、自分で直すことも可能。ここでは、トイレが流れない時に効果的な方法を紹介しています。あまり費用をかけたくないという方は、自分で詰まりを直すのが良いでしょう。

トイレットペーパーや汚物が詰まって流れない時ときは?

バケツ

バケツを使って詰まりを直す場合は、高い位置からピンポイントに排水口へ大量の水を流し込みましょう。水圧で隙間を作り、水流で押し流すことで詰まりを取り除けます。ただし、水の量が多いと溢れて床を汚す可能性も。一気に水を流すのではなく、流す水の太さを5~6cmにして流し続けましょう。

お湯

トイレットペーパーを詰まらせた場合は、お湯を使う流れるようにする方法が有効です。やかんで40~60度の湯を用意して便器に注いでから1時間ほど置きます。一度流してみて、水の量が増えなければOKです。解消されない場合は数回繰り返してみてください。注意すべきは決して熱湯を流さないこと。便器は陶器製のため、熱湯を流すと割れてしまう危険性があります。必ずぬるま湯を使いましょう。

重曹

お湯の効果をさらに高めるために、重曹と合わせて使用するのもおすすめです。最初に便器の水をできるだけ取り除いた後、重曹を入れます。さらにお酢を追加した後、お湯を入れて1時間放置。洗浄効果が薄くなるので入れる順番を変えないでください。また炭酸ガスが出るので、換気をしっかり行いましょう。

異物を流してしまったときは?

ラバーカップ

固形物を流してしまった時の詰まりは、ラバーカップを使うのが効果的です。ビニールシートをかぶせ、水位が便器ぎりぎりから10cm以上下がった状態で行います。カップを排水口に押し当てた後、勢いよく引く動作を繰り返すと詰まりが解消します。

使用する際は、和式と洋式でカップの形が異なる点に注意してください。洋式用は下部分に、和式はカップの内側に出っ張りがあります。また洋式用は種類が多く、自宅トイレの形状に合ったものを選ばなければいけません。

ラバーカップがない場合は自作もできる!

自宅にラバーカップが無くても、自作することが可能です。

自作ラバーカップの作り方

材料:掃除機のパイプ、カーテンポール、靴下、ガムテープ

作り方:カーテンポールの先端に靴下をガムテープでグルグル巻きにします。カーテンポールを掃除機のパイプの穴に入れたら完成です。

ワイヤー

ラバーカップを試しても解消しない場合は、専用のワイヤーブラシを使いましょう。1mから10mまでさまざまなものがあり、ホームセンターで家庭用のものが販売されています。作業時は大きめのビニール袋で便器を覆い、汚物が落ちないようにしておきましょう。ワイヤーのレバーを回しながら排水口へ差し込み、抜いたり差したりしながら汚物を流します。

真空式パイプクリーナー

奥に入りこんだ異物を取る上級者向けの解決方法として、真空式パイプクリーナーを使う方法があります。ラバーカップよりも吸引力が強く、異物を取り除きやすいのが特徴。パイプクリーナーを使う際はゴム手袋をはめて、水を張った状態でレバーを引くことを数回行います。たいていの詰まりは解消するので、これで直らない場合は業者に依頼しましょう。

自分で詰まりを直す際の注意点

詰まりを直す方法を6つ紹介しましたが、いかがでしたか?トイレットペーパーや汚物が詰まった場合はすぐに業者を呼ぶのではなく、まずお湯やラバーカップなどオーソドックスな方法で流れるように試してみるのもいいかもしれません。ただし、こどものおもちゃやスマートフォンなどを流してしまった場合、対応が難しく詰まりが直るどころか便器自体を壊してしまい修理費用が余計にかかる可能性も…。「難しそう」「めんどくさい」と思った場合は、無理せず業者に修理を依頼したほうがいいかもしれません。

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。