トイレの
トラブル
お悩み リスト
トイレタンクの水漏れ

トイレの水が出ない

急いでトイレにかけこんで用を足した後に、いくらレバーを捻っても水が出てこない。意外と簡単に直せる場合もあるだけに、あまりに小さく考えていると大きなトラブルにつながる可能性も…ここでは自分でできる対処法や必要な道具、自分で修理できた・できなかった双方の意見をまとめて紹介しています。

対処方法と原因

トイレの水が流れない理由としては、次のようなケースが考えられます。

止水栓が閉まっている

■対処方法

止水栓とは、文字通り、水を止めるための栓です。給水管からタンクを繋ぐ水道管の途中に設置されていて、手で簡単に回すことが出来るハンドル型と、マイナスドライバーやコインなどを差し込むことで回すことが出来るドライバー型の2種類が一般的。時計回りに回転させると水が流れるようになります。

■原因

止水栓が閉まっている理由で多いのが、引っ越しなどで新居に越してきた時。自分で建てた新築のマイホームだけでなく、以前まで他の人が住んでいたアパートやマンションでも、止水栓が閉まっていることがあります。

これ以外では、トイレの修理を行った時に止水栓を自分で閉めたのにもかかわらず、作業後に開くのを忘れてしまっているパターン。まさかと思ってしまいますが、このような何でもないようなことをし忘れてしまうことが多々あるようです。トイレの水が流れない時は、まず止水栓をチェックするのがおすすめです。

玉鎖が正常な状態になっていない

■対処方法

玉鎖とは、水を流すレバーとタンクの底で便器へ水が流れる部分で線の役割をしているフロートバルブを繋ぐ鎖のこと。小さな玉が連なっているため、玉鎖と呼ばれています。この鎖が絡まっていたり、外れていたりすると、いくらレバーをひねっても水は流れません。タンクを開けて、玉鎖がきちんとした状態になっているか確認しましょう。切れてしまっている場合は、新しいものと交換するのがおすすめです。

修理自体は、簡単な作業なので、誰でもすることができます。まずは、タンクのフタを開けてみましょう。そしてレバーとフロートバルブをつなぐ玉鎖の状態をチェック。絡まっている時は、そのまま交換せずに絡まりをほどいてやるだけでOKです。

玉鎖が途中で切れていなければ、レバーかフロートバルブのどちらかが外れているだけというケースも考えられますので、しっかり確認してみましょう。玉鎖が途中で切れている場合は、新しいものとの交換が必要です。玉鎖は、メーカーの公式サイトのほか、ネット通販やホームセンターなどでも購入が可能。値段は数百円程度なので、ほとんど材料費はかかりません。レバー部分とフロートバルブ部分につながっている切れた玉鎖を外して、新しいものを取り付ければ作業は終了。ただし、最後に長さの調節をする必要があります。ピンと張りつめた状態だと、ちょっとした振動でフロートバルブが浮いてしまい、水が流れてしまうことも。ですので、玉鎖は若干、余裕を持たせておくのがポイントです。

■原因

タンク内の水の流れが少し変わってしまったために起きてしまいますが、それほど多く発生するケースではありません。切れてしまうのは、経年劣化によるものがほとんど。消耗品なので、切れてしまったら交換しましょう。

浮き球が引っかかっている

■対処方法

浮き球とは、タンク内の水の量に対応しながら上がったり下がったりする球状のパーツのこと。この浮き球の高さによって、ボールタップが水を流したり、せき止めたりしています。この浮き球がひっかかってしまってタンク内の水が少なくなっているにもかかわらず、下がらないとタンクに水が供給されなくなってしまい、いくらレバーを回しても水がたまらないということになるのです。タンクを開けて浮き球を元の位置に戻すことで、対処することが出来ます。

まずは、止水栓を閉めてから作業に入りましょう。閉めたらタンクのフタを開けて浮き球の状態を確認。ひっかかってしまった時に、浮き球の位置が変わってしまっている可能性があるので、本来の位置へ戻してやる調整を行うのがおすすめです。タンク内には、水をためるラインが記されています。もしラインがない場合は、水垢などで何となく水が今までたまっていた高さが分かると思うので、それを参考にしましょう。その後は、フタを閉めて、止水栓を開けばおしまいです。

■原因

浮き球がひっかかってしまうのも、玉鎖が絡まってしまうのと同様に、タンク内の水が便器へと流れる際に何かに当たってしまうのが原因と考えられます。

ボールタップにゴミがたまっている

■対処方法

ボールタップと呼ばれる給水管からタンクへ流す水の量を調節しているパーツにゴミや水アカなどがたまってしまうと、きちんと作動できなくなってしまい、水が流れなくなってしまうことがあります。使い終わった歯ブラシなどを使ってボールタップ内のフィルターを掃除をするだけで直るケースもあります。

まずは、止水栓が閉めてタンク内の水を全て抜き出します。その後、ボールタップ部分を見てみると、プラスティック製のつまみがあるはずです。それがフィルターを取り外すつまみなので、つまんでから左へ回転させてやると取り外すことができます。取り外したらフィルターを歯ブラシなどできれいに掃除をしましょう。フィルターは壊れやすいので、優しく掃除するようにするのがポイントです。

掃除が終わったら、取り外した手順で元に戻していきましょう。最後には、きちんと止水栓を開くのもお忘れなく。

■原因

ゴミがたまってしまう理由は、ずっとトイレを使い続けていると、水の中にわずかに含まれている小さなゴミなどがたまってしまうから。また、長年、使っていないトイレを使い始めた場合もボールタップにゴミがたまっている場合があるので、注意が必要です。

急ぎの場合は、とりあえず便器に水を流す

トイレの修理をしている時間がない場合は、バケツなどに水を汲んで便器に流せばとりあえず便器をすることが出来ます。ただし、放っておいても解決にはならないので、自分で修理するか、専門業者に相談するようにしましょう。

自分で直したケース

成功談

トイレに入ってレバーを回したところ、抵抗感がなく水が流れませんでした。ひとまず、バケツに水を汲んでトイレを流し、タンクのふたを開けてみると、レバーとゴムフロートをつなぐ鎖が切れて外れていました。ネットで調べてみると、これくらいなら簡単に直せるみたいだったので、自分でやってみることに。チェーンが切れた場合、交換したほうがいいようですが、チェーンの長さに余裕があり、そのままつけられそうだったので、つけ直してみたら、水が流れるようになりました。

失敗談

トイレの水は流れるのに、タンクの上を洗うところ(「手洗い管」というそうです)から水が出なくなりました。便器内の水は流れるので支障はありませんでしたが、今後、大きなトラブルにつながると怖いので、直してみようといろいろ試してみました。タンクの中をのぞいてみましたが、手洗い管につながるホースやボールタップにも異常はないようです。ストレーナーの掃除もしてみましたが、とくに汚れもなく、原因はまるでわかりませんでした。下手にいじって水漏れなどが起こると嫌なので、結局、業者に依頼することにしました。

それでもダメなら……
みずもれ先生 比較的簡単に直せるものではあるが、トイレタンクの中や止水栓を確認してみても一向に水が流れてこないこともある。そのときにあれやこれやとイジってしまうと、正常な箇所までおかしくなってしまうから注意が必要じゃ。ここで紹介している方法を試してみても解決しない、自分である程度調べてみても原因がわからない、という場合はこのサイトで紹介しているような専門業者に頼むと良いぞ。
頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。