水圧が変わる理由と
その対処法

なぜ急に水圧が変化するのでしょうか?その理由は、いくつかあります。その理由ごとに対処法を確認していきましょう。

器具の目詰まりや老朽化

家の中にある水道をチェックしてみて、どこか1か所だけ水量が少ない場合は、その器具に問題がある可能性が高いです。例えばシャワーならば、ヘッド部分が目詰まりしていたり、ホースが老朽化しているということが考えられます。水道の蛇口だけが極端に水の出が悪い時は、内部にあるパッキンが消耗してしまっているのかも知れません。

対処法

新しいものと交換するのが、簡単な解決策です。シャワーならば、低水圧用のシャワーヘッドというものが販売されているので、試してみるのも良いかもしれません。蛇口のパッキンなど、消耗品が故障してしまった場合は、新しいものを購入して取り換えましょう。製造メーカーの公式サイトはもちろん、ホームセンターなどでも販売しているので、簡単に購入することができます。

元栓が閉まっている

元栓とは、水道のメーターボックスなどにあるバルブのことで、この栓が閉まっていると家の中に水が給水されることはありません。一般的には、この栓が閉まることはありませんが、新築の住宅に引っ越したばかりの時は、閉まっている可能性があるので確認してみましょう。

対処法

手でバルブをひねってあげれば、水が供給されるようになります。また、以前から水道の水を使っている場合でも、小さな振動などの影響で、少し閉まっているケースもゼロではないので、一度、確認してみるのもよいでしょう。

止水栓が閉まっている

止水栓とは、トイレや洗面所、シャワーなどそれぞれの設備ごとに取り付けられている栓のことです。この栓が閉まってしまうと、元栓の時と同様に水が供給されなくなってしまいます。特に、修理などを行う際に自分で締めてしまったにもかかわらず、気づかずにそのままというケースも少なくありません。

対処法

この場合も、止水栓を開いてあげるだけでOKです。止水栓には、手で回すことができるハンドルタイプ以外にも、マイナスドライバーを差し込んで回すタイプなど種類は様々なので、まずは止水栓のタイプを確認してみましょう。

水道管の老朽化

元栓や止水栓が開いているにもかかわらず、以前より極端に水圧が弱くなったり、水道料金が激増した場合は、水道管が劣化して水漏れを起こしている可能性があります。チェックする方法としては、まずは元栓を完全に閉めましょう。それからメーターを見てみて、数値が上がっているのであれば、水漏れしている証拠です。

対処法

水道管が破損してしまった場合は、自分ではどうすることもできません。自治体の担当部署や専門の業者に相談するのがおすすめです。

口径の大きさが小さい

口径とは、水道を自宅へ引き込む水道管の直径のこと。大きければそれだけ、多くの水を引き込むことができ、色々な場所で水を同時に使っても水圧が下がりにくくなります。家庭の水道管の場合、13mm、20mm、25mmあたりが一般的。以前までは13mmが主流でしたが、今ではほとんどが20mmとなっています。

対処法

2か月に一度、測定をする人がメーターを検針し、水道の使用状況が分かる検針票がもらえます。この検針票に口径サイズが記入してあるので、13mmの場合は20mmに交換してもらうのも1つの方法です。ですが、この場合は、引き込み管を取り換える工事代金が別途かかるほか、水道料の基本料金が高くなるので注意しましょう。

給湯器の容量が足りない

水はきちんと出るのに、お湯だけ水の量が少ない場合は、給湯器に問題があるかも知れません。給湯器には、号数によって1分間に作ることができるお湯の量が分かるようになっています。例えば、16号の場合は、1分間に16リットルのお湯を作ることが可能。24号の場合は、1分間に24リットルということになります。この号数が少ないと、お湯の供給量が少なくなってしまいます。

対処法

今のものより大きな給湯器に交換するのがおすすめ。ただし、水の温度が下がる冬場は、お湯を温めるのに時間がかかり、号数よりも少なくなってしまうことがあるので注意しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。1つずつ順番に試していけば、きっと水が少なった理由が分かるはずです。ぜひ一度、試してみてください。

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。