トイレつまりにおける
ラバーカップの使い方とは?

トイレがいきなり詰まってしまった! そういうときに自宅にあると便利なのがおなじみのラバーカップです。よく聞く「すっぽん」という名前のほか、「プランジャー」「通水カップ」「吸引カップ」といったようなさまざまな名前で呼ばれています。

ラバーカップは、トイレのつまりを直すための道具としてはもっとも一般的なもので、ホームセンターなどに行けば1,000円前後で販売されています。また、ラバーカップには排水溝用、洋式便器用、ツバ付きの3種類があります。トイレつまりの症状から対処方法を確認する場合には別ぺージで紹介しています。それでは、ラバーカップの使い方を確認してきましょう

ラバーカップの使い方(概要編)

ラバーカップの使い方5

ステップ1:注意点の確認

原因がスマホなどの固形物であった場合、ラバーカップで押し込むのは得策ではありません。(ステップ1の詳細へ

ステップ2:汚水の飛び散り防止

事前に便器周辺に新聞紙やビニール、雑巾などで養生しておきましょう。(ステップ2の詳細へ

ステップ3:便器内の水を調整

養生ができたら、カップ部分がかくれるだけの水量にするために便器内に水を足します。(ステップ3の詳細へ

ステップ4:ラバーカップをゆっくり押し込む

カップを潰して中を真空にするイメージで押し込みます。(ステップ4の詳細へ

ステップ5:ラバーカップを一気に引っ張る

動作が大きいと水が跳ねるので気をつけましょう。(ステップ5の詳細へ

ステップ6:ステップ4、5を繰り返す

便器内の様子を見ながら、押し引きを繰り返します。(ステップ6の詳細へ

ステップ7:異物を取り出す(取れる場合)

引っかかっている異物が移動してきたら取り除きます。(ステップ7の詳細へ

ラバーカップの使い方(詳細編)

これまで紹介してきたラバーカップの使い方、注意点など一つずつ細かくポイントを紹介していきます。

ステップ1(詳細):まずはじめに注意点の確認

ここでは、ラバーカップを用いてトイレのつまりを直すときの注意点をまとめてみました。

・水は流さない

つまりが解消したかどうかを確認するために水を流すのは危険です。ハンドルを回すとトイレ洗浄1回分の水が流れるので、もしつまりがまだ直っていない場合は便器から水が溢れてしまう危険があるからです。つまりが直ったかどうか確認するには、バケツやヤカンを使って少しずつ水を便器内に流し入れ、水がスムーズに流れるかどうかを確認しましょう。また、この方法でつまりが解消したと判断されても、ハンドルは一気にではなくゆっくり回すようにして下さい。

また、つまったときにいきなり大量の水でつまったものを押し流そうとするのも危険です。水が流れなかった場合、流し込んだ水が便器からあふれてしまいます。

・お湯を流さない

つまったものを溶かそうとして、便器内に熱湯を流すのはNGです。熱湯だと陶器製の便器にヒビが入り、さらに状況が悪化する可能性があるからです。

・自動洗浄機能はoffにしておく

自動洗浄機能がonになったままだと、作業中に勝手に水が流れてしまいます。作業前に必ずoffにしておきましょう。

・ラバーカップを使っても直らないケース

つまりの原因によっては、ラバーカップでは直らないこともあります。スマホなどの固形物を流してしまった場合、便器ではなくその先の排水管がつまっている場合、男性用小便器で尿石の付着によって水が流れなくなっている場合などはラバーカップでは直せません。

・ラバーカップの種類を間違えない
ラバーカップの種類

ラバーカップには、カップの底が出っ張っているトイレ用、出っ張りのない排水口用、節水型便器用のツバ付きの3種類があります。ラバーカップの種類を間違えてしまうと作業がちゃんとできないので、作業前にラバーカップの種類を確かめておきましょう。

ステップ2(詳細):汚水の飛び散り防止

作業前のチェックが終わったら、次は汚水の飛び散り防止の処置を行いましょう。汚水が飛び散っても大丈夫な状態にしておけば、ラバーカップをしっかり動かすことができます。

・ゴム手袋を用意する

手が汚れないように、ゴム手袋をはめます。ない場合は、使い捨てのビニール手袋でもいいでしょう。

・新聞紙などで床・壁を保護する

まず、床が汚れないようにトイレマットはどけて、便器の周りの床に新聞式を敷きます。また、壁にも新聞紙を貼り付けます。特に壁は床よりも水濡れに弱いので、厳重にやっておきましょう。

・ラバーカップにビニール袋をつける

ビニール袋の中心に穴を空け、ラバーカップの柄の部分に通して固定します。こうすることでラバーカップを押し引きするときに汚水が飛び散るのを防げます。また、ラバーカップは押し引きして使うので、ビニール袋はある程度の遊びをもたせて固定しましょう。

・ビニール袋を便器に貼り付ける

ビニール袋を便器にテープで貼り付けて、汚水が飛び散らないようにします。

ステップ3(詳細):便器内の水の量を調整

ラバーカップの使い方3

便器の周囲の養生が終わったら、次は便器内の水量を調節します。

ラバーカップはカップ内を真空状態にしてつまりを直す仕組みなので、カップ部分がすべて水に浸かるだけの水量が必要です。ラバーカップを排水口にかぶせてみて、カップ部分すべてが水に浸かっているかどうかを確認しましょう。便器内の水が徐々に流れていたりするとカップ部分が水に浸からないので、水が足りないようなら追加していきます。ただし、ここでレバーやハンドルを回して水を流してはいけません。その操作だとトイレ洗浄1回分の水が流れてきてしまうので、便器から水があふれてしまう危険性があります。水を足す際には、必ずバケツやヤカンを用いて、便器内の水の量を確認しながら少しずつ水を足していきましょう。

水を足しすぎると、作業中に汚水が飛び散りやすくなったりあふれやすくなったりして危険です。便器内の水の量は、便器の上から10センチ程度は空けられるくらいの量にしておきましょう。

ステップ4(詳細):ラバーカップをゆっくり押す

ラバーカップの使い方2

水を足し終わったら、いよいよ本格的な作業を開始します。

便器内の排水口にラバーカップのカップ部分を密着させて、柄をゆっくり押しましょう。カップ部分が潰れるようにするのがコツです。カップ内の空気をすべて押し出して真空状態にするイメージで行いましょう。

よく勘違いされているポイントですが、ラバーカップは引いてつまりを直すものであって、押してもつまりは直りません。激しく押しても効果はないので、押すときはゆっくりとやりましょう。また、むりやり押して使うとつまったものがさらに排水口の奥へと押しやられてしまい、つまりが余計直りにくくなってしまう危険性があります。「ラバーカップは引いてつまりを直すもの」ということはよく覚えておいて下さい。

ステップ5(詳細):ラバーカップを一気に引っ張る

ラバーカップの使い方4

排水口にカップ部分を押し付けたら、次は引っ張ります。押し付けるときはゆっくりですが、引くときは一気にやりましょう。ただし、あまり動作が大きいと周囲に汚水が飛び散ってしまうので気をつけて下さい。

また、引くときはカップ部分が水から出ないようにしましょう。ラバーカップは水圧の変化を利用してつまった異物を取り除く道具なので、引くときにカップ部分を水の外に出してしまうと効果がないのです。加えて、便器内の汚水が飛び散りやすくなってしまいます。引くときも前述の通り、「ラバーカップは引いてつまりを直すもの」ということをしっかり意識して下さい。

つまったものが逆流したり移動したりするのは引いたときなので、便器内の水の状態や音に注意しましょう。

ステップ6(詳細):繰り返す(ラバーカップの運動を)

ラバーカップの使い方1

押し付けて引くのを繰り返します。便器内の水の量が減らないようであればつまりは解消されていないので、何度か繰り返してみましょう。カップを排水口から離さないようにして押し引きを繰り返すのがコツです。便器内の水が引いていったら、つまりが解消された証拠です。

ステップ7(詳細):異物を取る

何度か押し引きを繰り返していくと、つまった異物が取れたり移動したりすることで便器内の水位が低くなることがあります。しかし、そこで一気に水を流したりすると、せっかく取れかかっていた異物がまた排水口につまってしまったり、水が十分に流れずにあふれてしまったりするので、バケツやヤカンなどを使って少しずつ水を流すようにして下さい。

また、つまりの原因となっていた異物が逆流してきた場合は、必ず便器内から取り除くようにしましょう。もう一度流してしまうと、また異物がつまってやり直しになってしまいます。

一連の作業をまとめると、以下のようになります。

  • 周囲の養生を行う
  • 排水口にラバーカップを押し当てる
  • ラバーカップを引く
  • 何度か押し引きを繰り返す
  • 異物が逆流してきたら取り除く

ラバーカップで直らない場合の原因と対処法

トイレのつまりは、その原因によってはラバーカップでは直らない場合があります。ここでは、そうした場合の原因と対処法を見ていきましょう。

【症状】

まず、排水マスをチェックして症状を確認します。便器内に異物を流した覚えがない場合は、排水管がつまっていることがあります。

次に、便器内にゆっくり水を流して、その流れを観察してみましょう。水が一切流れない場合は、ラバーカップで取り除くのが困難な異物が詰まっている可能性が高いです。何度かラバーカップを試してみて解消されないようなら、無理にラバーカップを使うのはやめておきましょう。

水位がいったん上がって、そこからスーッと引くような場合は、携帯電話などの固形物がつまっている可能性が高いです。こうした場合は便器そのものを取り外して除去しなくてはいけません。

【原因】

つまったものがトイレットペーパーなら、水で溶けますしラバーカップで十分除去できます。しかし、トイレットペーパー以外がつまった場合はラバーカップでの除去が困難になります。

携帯電話やおもちゃなどの固形物、水に溶けない紙・布、水を吸収して膨張する紙おむつ・生理用品がつまっていた場合は、ラバーカップでの除去は難しいでしょう。(トイレつまりの原因特定のポイントを確認する場合はこちら

【対処方法】

真空式パイプクリーナー

仕組みとしてはラバーカップとそう変わりませんが、より強力な圧力をかけることができます。また、カップ部分を押し当てたまま吸引できるので汚水が飛び散りません。(真空式パイプクリーナーの使い方詳細へ

ワイヤーブラシ

圧力をかけるものではなく、排水口内にワイヤーを挿入する道具です。ワイヤーの先端部についたヘッド部分をL字クランクで回すことでつまったものを粉砕する仕組みとなっています。

トイレのつまりが自然に直るケース

つまったものがトイレットペーパーなどの水に溶ける紙類、便などの場合は、時間経過で溶けてつまりが自然に直ることもあります。

専門業者へお願いする

つまったものの種類によっては、便器を取り外したりする必要があります。自力でどうしようもない場合には専門業者に依頼しましょう。(専門の水道業者の選びの詳細へ

洋式と和式でのラバーカップの違い

和式と洋式では、適したラバーカップの種類が異なります。

前述のとおり、ラバーカップには大きく分けて、一般的なお椀型の形状のもの、お椀型に出っ張りがついているもの、節水型便器用のツバがついているものの3つの種類があります。

洋式の場合、適しているのは出っ張りがついたものです。この出っ張りを便器の排水口にしっかりと密着させることで、真空状態を作り出してつまったものを取り除くことができるのです。

和式の場合、適しているのは出っ張りのない、一般的なラバーカップと聞いてイメージするタイプです。和式便器と洋式便器は構造が異なるので、ラバーカップが間違っていると十分な効果が発揮できません。現代では、自宅のトイレが和式ということは少ないでしょうから、基本的には出っ張り付きのものを用いることになるでしょう。

ラバーカップのお手入れ

不意にトイレのつまりが起こったときにちゃんと使えるようにしておくために、ラバーカップを使った後はしっかりとお手入れをしておきましょう。

ラバーカップを洗うときには洗剤などは使わず、水だけで洗うのが正しいやり方です。ラバーカップのカップ部分はゴム製なので、洗剤や漂白剤を用いると劣化してしまい、破れやひび割れの原因となります。また、洗った後には完全に乾かしてからケースに戻すようにしましょう。半乾きの状態でケースに戻すと、雑菌が繁殖したりカビが生えたりしますし、悪臭の原因にもなります。虫が湧くこともあるので、トイレの中を清潔に保つためにも、洗ったラバーカップは必ず乾かしておくことが大切です。乾かすときはベランダなどに置いて天日干しをするのがいいでしょう。

まとめ

それでは、最後にラバーカップの使い方をもう一度おさらいしてみましょう。

  • 作業前に、トイレの周辺の壁や床を新聞紙やビニール袋で保護する
  • 便器内の水を確認する。ラバーカップのカップ部分が完全に水に浸かっているかを確認し、浸かっていない場合はヤカンやバケツを使って少しずつ水を足していく。
  • 排水口にカップ部分を押し当て、ゆっくりと押す。激しくやらないのがポイント。
  • ラバーカップを一気に引く。あまり力を入れると汚水が飛び散るので注意。また、便器内の自らカップ部分が出ないようにする。
  • 何度か押し引きを繰り返し、便器内の水の流れや音を確認する。つまっていたものが逆流してきた場合、そのまま流さずに必ず便器の外に取り除くこと。
  • つまりが解消したら、ラバーカップを洗う。ゴム部分の劣化を防ぐため、洗剤や漂白剤は使わずに水洗いをする。洗った後は天日干しにして、完全に乾いたのを確認してからケースにしまう。完全に乾いていない状態でしまうと雑菌やカビ、悪臭などの原因となる。
頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。