トイレ以外の水回りのつまりを直す方法散水栓の詰まりの直し方

花壇に水やりをしたり、車の洗車をしたりと家庭になくてはならない散水栓。つまってしまうと日常生活に支障をきたしてしまいます。そうなったときに素早く対応できるように備えましょう。ここでは、原因と対処法について紹介していきます。

散水栓の詰まりの原因は?

屋外に設置されている散水栓。屋内にある水道よりも詰まりやすい傾向があるようです。

■配管内のサビ

水道管の材質が鉄や銅などの金属製だった場合、内部の腐食によりサビが発生し、それが詰まりの可能性になります。現在では塩化ビニール製の配管が使われているので、サビが発生するということはありません。ですが、一昔前のものには金属製の材質の配管が使われていました。サビないように加工されているとはいえ、長年使用していると、内部が水分で腐食。水流によってサビが少しずつ散水栓側に運ばれ、蛇口内のフィルターが目詰まりを起こしてしまいます。朝一番に水を出したとき、「赤褐色の水」が出るようなら水道管が腐食しているという証拠です。

■配管用の接着剤

塩化ビニール製のパイプを接着するときに使う接着剤が詰まりの原因になる可能性があります。修理やリフォームなどを行なった直後に起こることの多い詰まりです。丁寧な工事を行ない、正しい使用方法を守っていれば起こることは稀ですが、雑な工事や使用方法をまちがってしまうと接着剤がパイプ内に侵入し、つまってしまうのです。

対処方法

原因が特定できて、修理ができそうなら実行しましょう。まず、はじめにやることは「元栓」を閉めることです。元栓を閉めないと配管から水があふれ出して大変なことになります。いざというときのために元栓の位置を把握しておきましょう。それでは、対処方法を紹介します。

■蛇口タイプの散水栓(立水栓)

屋外に設置されている蛇口タイプの散水栓であれば、自力で詰まりを直せる可能性があります。水が出てくる先端がつまっている場合は、モンキーレンチという道具を使用して取り外します。本体ごと取り外す場合は、ウォータープライヤーという専用の道具を使いましょう。どちらの場合も取り外したら、蛇口本体を丁寧に洗浄します。内部の腐食がひどい場合は、本体ごと交換する必要もあるでしょう。また、取り付ける時はシールテープという水漏れを防ぐテープをネジ山部分に巻き付けます。そして、取り付ける際に注意してほしいのは、時計回しで締めること。途中で反時計回しをしてしまうと水漏れの原因となります。

■配管の交換

金属製の配管が使用されていてサビや劣化がひどい場合は、配管の交換をする必要があります。簡単に交換できる場所であれば自力で直すことも可能。根本的な原因を解決することで、散水栓の詰まりから解放されます。難点なのは、用意する道具や材料が多いことと、水道工事に関する多少の知識が必要になること。DIYになれていて、工作には自信があるという人向けの修理方法です。

■直せないと判断したら水道修理業者に依頼

DIYや水道修理に自信がないという人は、素直に水道修理業者に依頼しましょう。自力で直すにしても、材料や必要な道具を購入する必要があり、すべて揃えるとなると結構な金額になります。確実に直せるのならいいのですが、失敗してしまうと状況を悪化させてしまうことになりかねません。そうなってしまうと、予定以上の修理費がかかってしまうことに。散水栓の詰まりには、経験豊富なスタッフがいる水道修理業者に頼むほうが得策だと言えるでしょう。

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。