トイレの
トラブル
お悩み リスト
トイレのトラブル
お悩み ランキング1
トイレタンクの水漏れ

トイレタンクの水漏れ

トイレのトラブルで一番多いのが、トイレタンクの不具合による水漏れ。タンク内の構造は単純ですが、いくつもある部品ひとつ一つが正常に機能しないだけで、水漏れの原因につながるのです。例えばトイレのレバーを元の位置に戻したのに水が止まらなかったり、いつまで経っても便器へ水が流れていたり、トイレタンクからチョロチョロと水が流れる音がしたり。後で水道代が高くついてしまった!ということにならないよう、ここでは、トイレタンクの水漏れや関連する止水栓の水漏れの対処法を紹介。

対処方法と故障の原因

まずはこれ以上被害を拡大しないため、止水栓を閉めます。その後、どこから水が漏れているのかを原因を突き止めていきます。多くの場合、次の可能性が高いことがほとんど。順番にチェックしていきましょう。

給水管から水が漏れている

対処方法

タンク内の水は、トイレの壁にある給水管から止水栓を通って運ばれてきます。この間には、止水栓とボールタップ部分の2か所の接続部分があり、この部分から水漏れが発生するケースがあるので見てみましょう。止水栓部分には、「スリップパッキン」「アジャストパッキン」の2つ、ボールタップ部分には、「ジョイントパッキン」と全部で3つのパッキンがあるので、新しいものと交換すると水漏れはなくなるかも知れません。

トイレの作りは業者ごとに異なるので、パッキンもそれぞれのメーカーに合うものを購入しなければなりません。一番、確実なのは、製造メーカーの公式サイトから購入する方法。それ以外では、ホームセンターでも購入することができます。どのメーカーにも対応しているものもありますが、購入する前にきちんと自宅のトイレに合うパッキンかを確認しましょう。

また、これらの接続部分は、ナットが締めてありますが、このナットが緩んでしまうと水漏れしてしまうケースがあるので、ナットがきちんと締まっているかどうかも確認してみて下さい。ナットは、自宅にあるモンキーレンチなどで締めれば良いだけなので、そこまで難しいことではありません。

原因

パッキンは、消耗品なので、長い時間、使い続けていると劣化してしまいます。目安とされているのが約10年。ですので、10年以上、パッキンを交換したことがないという人は、パッキンの状態を確認してみましょう。

一方、ナットの緩みは、トイレを長年、使っていると、ちょっとした振動などの影響で徐々に緩んできます。そこまで大きなトラブルではないので、年に一度くらいは確認するようにした方がよいでしょう。

浮き玉が正しい位置にない

対処方法

浮き球が正しい位置にないため、必要以上にタンク内に水が供給されて、その結果、水が漏れてしまうケースが考えられます。この場合は、浮き球を正しい位置に戻すことで対処することが可能です。この時、浮き球とボールタップをつなぐアームが古くなっていないかどうかも確認しておきましょう。場合によっては、新しいものと交換する必要があります。

原因

ボールタップとは、タンクの中に入っている水の量によって浮いたり沈んだりするボール状の部品のこと。このボールタップが上下することでタンクの中に水を配給するかどうかの判断をします。このボールタップがなんらかの理由でひっかかってしまったりしてしまうと、タンク内の水の量をきちんと把握することができません。そのため、タンクの中に十分な水があるにもかかわらず、水が供給されて水漏れとなってしまうのです。

ボールタップがひっかかってしまうと、逆に水がないにもかかわらず、水が供給されずに、水が流れないということにもなりかねないので注意しましょう。

ボールタップに問題がある

対処方法

ボールタップとは、浮き球の浮き沈みによってタンク内に水を流したり止めたりする重要な役割を担っているパーツです。この部分に不具合があると、当然、水があふれ出しタンクから水が漏れてしまいます。この場合は、ボールタップ一式を交換するのがおすすめです。止水栓を止めて、タンクのフタを外し、給水管を外せば取り換えることができます。

ボールタップそのものが壊れてしまっている場合は、自分で交換することができます。ボールタップの耐用年数は特に定められてはいませんが、いつかは必ず壊れるので、その場合は、新しいものを購入しましょう。パッキンと同様に、メーカーの公式サイトやホームセンター、ネット通販などで購入することが可能。自宅のトイレに合うかどうか心配な人は、取り外したボールタップをホームセンターに持ち込んで、店員さんに聞いてみるのが良いかもしれません。また、パッキンの交換ほど簡単ではないので、難しいと感じたら専門の業者に相談するのがおすすめです。業者に修理してもらう場合にかかる費用の相場は、15,000円から20,000円程度。自分で出来るのであれば、部品代だけで済むので、一度はチャレンジしてみましょう。

原因

先ほど紹介したとおり、ボールタップに問題があると、タンク内に水を入れすぎたり、逆に足りなくなったりしてしまいます。このため、水漏れが起きるので、水漏れの場合は、タンク内の様子を一度、のぞいてみましょう。

オーバーフロー管に亀裂が入っている

対処方法

オーバーフロー管とは、タンク内に水が貯まり過ぎてしまった場合に、余分な水をタンクから便器へ流す管のことです。オーバーフロー管が劣化してしまった場合は、新しいものと交換するようにしましょう。

ただし、オーバフロー管は、タンクの底の部分にあるので、修理する場合は、一度、便器を取り外さなければならないケースもあります。貯水タンクは、女性が一人で持つのは少し危険ですので、業者にお願いすることをおすすめします。

原因

オーバフロー管に亀裂が入る理由は、老朽化によるものがほとんどです。特に根元の部分は、亀裂が入ったり折れやすい部分となり、ここの部分に亀裂が入ってしまうと、タンク内に水が多いわけではないのに、水が便器へと流れ出てしまいます。大きく破損していれば、便器へと流れ出る水の量が多く、ボールタップの破損個所を見つけやすいかも知れませんが、少しの亀裂だと、なかなか見つけられずに、ずっと便器へ水がチョロチョロと流れ出ることになるので、注意しましょう。

自分で直したケース

成功談

トイレに入ったらタンクからチョロチョロ水が漏れ、床が水浸しになっていました。休日でしたので業者を呼んでも来てくれるか分からず、自分でやるしかないと思い、ネットの動画を見ながら直すことにしました。止水栓を閉じ、初めてトイレタンクのふたを開けたのですが、思いのほか重いことに驚きましたし、浮き玉が外れていたので、もとの位置に戻すと、あっけなく直ってしまい拍子抜けしました。ともあれ業者に頼まなくても直るレベルで良かったです。

失敗談

引越ししたばかりのアパートのトイレから水漏れ。応急処置として止水栓を閉めタンクに水が溜まらないようにし、何とか水漏れがおさまりました。その後、タンクを開けて浮き玉をいじったりしましたが原因は分からず、しばらくはトイレのたびに止水栓を開けたり閉めたりしていました。それも面倒になり大家さんに頼んで業者に来てもらいました。原因はタンクに水を送る給水管接続部のパッキンの劣化。引越ししたばかりなのに先行きが心配…と落ち込みました。

それでもダメなら……
みずもれ先生 タンク内の部品の不具合による水漏れなら部品交換で解決できるが、タンクのタイプによっては厄介になるケースもあるのじゃ。ふたが開かないタイプや最近増えてきた水道直圧式のタンクレスの場合は自力での修理は難しいぞ。原因が分からないときやタンクを確認できない場合は、迷わず業者に依頼するといいだろう。このサイトでは評判の良い専門業者を比較しているので、業者選びの参考にするといいぞ。
頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。