トイレが詰まる原因

さまざまな原因で詰まってしまうトイレ。詰まった原因によって対処の方法も変わってきます。ここではトイレが詰まる原因をピックアップ。簡単なつまりの予防法も紹介しています。

トイレの詰まりの原因第1位は?

トイレの水漏れや詰まりが起こる原因について解説。一日に何度も使用するところですから、水漏れや詰まりなどのトラブルが起こってしまうととても厄介です。なるべく詰まらないように生活をしましょう。

■トイレの詰まりの原因Best3

  • ・第1位 紙詰まり
  • ・第2位 汚物・異物の詰まり
  • ・第3位 排水管の詰まり

トイレの詰まりの原因でもっとも多いのが紙詰まり。トイレットペーパーを一度にたくさん流してしまうことで起こります。とくに小さな子どものいる家では、子どもがトイレットペーパーをどんどん引き出し、それを一度に流してしまうことで詰まってしまうケースもよくあります。

小さな子どもがいなくても、トイレットペーパーをぐるぐる巻きにして使う人がいるご家庭も注意が必要です。ぐるぐる巻きにしてしまうと、紙が溶けにくく、詰まりやすくなります。ペーパーは巻かずに、切り離したものを重ねて使うようにしましょう。

トイレットペーパーをきらしてしまったからといって、水に溶けないタイプのティッシュペーパーを使ったために詰まってしまったということもあるので要注意です。

次に多いのが、汚物や異物による詰まりです。便が大きかったり量が多くて詰まってしまうこともありますし、生理用のナプキンや子どものおもちゃ、携帯電話、筆記具などを落としてそのまま流してしまうというケースも多々あります。

こうした固形物が排水部分に引っ掛かり、そこにペーパーなどがからまって詰まりを起こしてしまうので、便器内にものを落としてしまったときは、小さなものであっても必ず拾うこと。流す前に、異物が落ちていないか確認するようにしましょう。

トイレそのものではなく、排水管が詰まっていることで、トイレの水が流れなくなるということもあります。紙詰まりや汚物・異物の詰まりがないようであれば、排水管の詰まりを疑います。この場合は、専門業者に修理を依頼するしかありません。

水量が足りずに流れなくなってしまうことも

流れる水の量が少ないために詰まりを起こすこともあります。たとえば、大をしたにも関わらず、小のレバーで流そうとすると、水量が足りなくて流れず、詰まってしまうこともあるのです。

また、節水のためにタンク内に水の入ったペットボトルを入れているご家庭もあるかもしれませんが、水量が減ることで流れが悪くなったり、タンク内のチェーン部分にペットボトルが引っかかって水が止まらなくなったり、タンクの不具合や故障につながる恐れがあるので、避けたほうが無難です。

トイレットペーパーの使い過ぎによる詰まりの場合などは、しばらく時間を置くと紙が溶けて流れるようになることもあります。ただし、詰まりが直ったからといって、すぐにハンドルを回して水を流してはいけません。すぐに流すと、便器内の水の水位が上がってしまうこともあるので、まずはバケツなどで水を少しずつ流してみて、スムーズに流れるのを確認してから、トイレのハンドルを回して流すようにしましょう。

ラバーカップなどを使って自分で詰まりを直す方法もありますが、固形物などが奥に入ってしまったときや、排水管の詰まりが原因の場合には、専門業者に依頼するのが、もっとも早くて確実な方法です。

上記以外のトイレの詰まりの原因

よくあるトイレットペーパーや汚物以外にも、トイレが詰まる原因はあります。 何が詰まっているかわからない場合には、下記に当てはまるものがないか確認してみてください。

嘔吐物や食べ残し

吐き気をもよおした場合、流しのシンクに吐くのは不衛生ですし、排水口が詰まってしまうので、とっさにトイレに吐く人も多いでしょう。しかし、トイレならば詰まらないというわけでもありません。

嘔吐物には食べたものの油分が含まれていることも多く、便器の内部や排水にへばりついてしまうため、通常の排せつ物よりも流れにくく詰まりの原因になってしまいます。同じ理由から、カップラーメンのスープや食べ残しなども流さないようにしましょう。

ノロウイルスやインフルエンザなどの症状によって吐いてしまう場合には、感染をぐための処理方法や固める薬剤などもありますので、いざという時のために準備しておくといいですよ。

もし、トイレで吐いてしまった場合には、いつもより念入りに流して詰まらないよにしましょう。

ペットの汚物やトイレ砂

自宅でペットを飼っている場合、その排せつ物やトイレに使用した砂などをトイレに流す人も少なくありません。しかし、砂の種類によっては水分を吸収してふくらむタイプもありますし、水に溶けにくいものは一度に大量に流すと詰まりやすくなります。商品によっては、トイレに流せるという説明書きがありますが、なるべくなら流さないほうがいいでしょう。もし、トイレに流す場合は少しずつ様子を見ながら流すようにしてください。

また、ペットの排せつ物は人間のものとは違い、食べるものによって水に溶けにくかったり毛が混じっていて流れにくくなったりします。ペットの排せつ物は、地域によってはトイレに流すことが禁止されている場合もあるので、詰まりの予防のためにも流さないほうがいいでしょう。

トイレの構造から詰まりやすい部分を把握しよう

トイレは上から見ただけでは排水管がどうなっているのかわかりにくいですが、断面図を横から見ると、その構造と詰まりやすい理由がわかるでしょう。

まず、トイレを上から見た時に水が溜まっている部分は、虫や悪臭が上ってくるのを防ぐために封水が溜まるようになっています。その先は、いったん下がった排水管が上に上がっていて、「せき」と呼ばれる部分を超えて水流によって排せつ物が流れていきます。この部分は管も狭くなっているのでもっとも詰まりやすいポイントです。水流が強くてもトイレットペーパーなどを大量に流すと、この部分で詰まってしまいます。

ここを無事に通れても、トイレの便器から排水口につながる部分でまた狭くなって排水管が横向きになるので、ここで詰まってしまうこともあります。奥の方で詰まってしまうと、自分で対処するのは難しいので、業者に依頼したほうがいいでしょう。

特に、排水管の奥の方で異物が詰まってしまうと、容易に取り出すことができず、最悪の場合はトイレごと交換することにもなりかねません。

古いトイレを使い続けていると詰まりやすくなる?

古い家に住んでいて、トイレも何十年も前に設置されたものを使っていると、「トイレが古いから詰まりやすくなるんじゃないか」と不安になることもあるかもしれません。実際に、ずっと使用していたトイレが年々詰まりやすくなる場合もあります。しかし、これは一概にトイレの型式が古いために起こるとは言えません。

古いトイレが詰まる原因は、長年の汚れやぬめりが排水管に蓄積されて流れにくくなっている、排水管が古くなって変形・破損している、設置時の工事に不備があった、などが考えられます。

もし、これらの理由で古いトイレが詰まりやすくなっていたとしても、排水管をきれいに掃除すれば流れやすくなりますし、トイレ自体を丸ごと交換しなくても問題ないことが多いでしょう。逆に、最新の節水トイレなどに交換すると、流れる水の量が減ってしまい余計に詰まりやすくなる可能性もあります。古いトイレが詰まりやすくなった時は、まず業者に点検してもらい、原因を特定することが重要になります。

いつ頃から詰まるようになったのか、原因を解明する

トイレの詰まりの原因が自分で判別できないと、自力で解消できるかどうか判断するのも難しくなります。トイレの詰まっている部分は、外側から見て判別できないので、まずは何か詰まる原因になるものを流していないか心当たりを探ってみましょう。

そのためには、いつ頃から詰まりの症状が出たのかを思い返してみてください。その時に、うっかり異物やおむつを流してしまった、おなかの調子が悪くてトイレットペーパーを大量に使ってしまった、トイレを新しく変えたなどの詰まりの原因が見えてくるでしょう。

トイレの詰まりの解消は、詰まりの原因を突き止めることが最優先ですので、原因がわからないまま無理に治そうとするのは危険です。思い返してもわからない場合は、やはり業者に点検してもらえば、どの部分で何が詰まっているのか解明でき、トイレに負担をかけずに修理することが可能になります。

まとめ

トイレの詰まりの解消法は、何よりもまず何が詰まっているのかその原因を突き止めることです。トイレットペーパーなど水に溶けるものや、ラバーカップやフックなどで取り出すことのできる異物なら自分で解消することも可能です。しかし、何が原因かわからない、トイレや配管自体に問題があるという場合は、無理に自分で治そうとすると悪化したりトイレを壊したりする危険性がありますので、業者に相談して点検してもらうようにしましょう。

頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。