トイレの
トラブル
お悩み リスト
トイレのトラブル
お悩み ランキング2
トイレタンクの水漏れ

トイレの水があふれる

すっきりしたあと、少なくなるはずの便器の水位がもあーっと上がってきたら、もはやパニックです。便器から水が溢れて床まで到達してしまうのではないか、大切なものを流してしまったのではないか、流したはずの汚物はどうなるのか…様々な想像が頭に浮かんできます。そもそも減っていくはずの水が増えて溢れるというのは、何が原因なのでしょうか?どのように対処すれば解決するのでしょうか?みんなの体験談をもとにまとめてみました。

対処方法と原因

便器の水が流れずに溜まってしまって溢れそうになってしまう原因として考えられるのは、便器の中で何かが詰まっている場合と便器の水を下水道へと運ぶ汚水管で何かが詰まってしまっている場合の2つ。では、それぞれのケースごとに対応策を見ていきましょう。

便器内に何かが詰まっている場合

対処方法

便器の中に何かが詰まってしまったため水が流れない場合は、その詰まりさえ取り除くことができれば水を流すことができるということです。

何とかしなければと焦ってしまいがちですが、今すぐにでも水が溢れそうだというような緊急を要する場合以外は、まずは、そのまま便器内の水が減るかどうかの確認をしましょう。水位が徐々に下がっている場合は、水を通す性質があるものが詰まっているか、まだわずかに水が流れる隙間があるという証拠。逆に水位がいつまでたっても下がらない場合は、水を通さないものが完全に詰まってしまっているということが考えられます。

水位が下がっている場合は、トイレットペーパーなどのトイレに流してしまっても問題がないものが何らかの理由で詰まってしまっているケースがほとんど。このような場合は、ラバーカップを使ってみるのがおすすめです。ラバーカップは、ホームセンターへ行けば1,000円から2,000円程度で購入することができます。ラバーカップがない場合は、お湯を流すのも効果的。トイレットペーパーなどは、水によりもお湯の方が溶けやすいので、一度、試してみるのも良いかもしれません。

一方、水位が下がらない場合は、トイレに流すべきものではないものが詰まっている可能性が高くなります。この場合は、ラバーカップなどでは解消することは難しいでしょう。ですので、ゴム手袋などを装着して、便器の奥に手を突っ込み、直接、取り出すか、専門の業者に相談した方が良いかもしれません。

原因

トイレに詰まってしまうパターンとして、トイレットペーパーや流す掃除シート、便などのトイレに流すべきものが詰まってしまうケースと、ボールペンやスマートフォン、名刺入れなど本来、トイレに流すべきものではないものは詰まってしまうケースが考えられます。

トイレに流すべきものが詰まってしまった場合

対処方法

トイレットペーパーなどトイレに流せるものが詰まった場合は、詰まったものを溶かすことで詰まりを解消することが可能。短時間で行うことができるものとしてラバーカップ(スッポン)があります。ラバーカップで、便器の奥を押したり引っ張ったりすることで詰まりの原因が溶かして詰まりを解消する方法です。この他では、重曹とお酢とお湯を便器の中に入れて二酸化炭素の泡を発生させる方法、ハンガーやワイヤーブラシなどで直接、つついて解消するなどがあります。

原因

理由として挙げられるのが、使用する量の問題です。いくら水に溶けるとはいえ、あまりにも大量のトイレットペーパーを流してしまうと溶けきれずに詰まってしまいます。便器の周りが汚れてしまった時に、トイレットペーパーで拭いて汚れを取るという人がいるかもしれませんが、その場合は、こまめにトイレットペーパーを流しながら行うようにしましょう。

これ以外の理由としては、お掃除シートが詰まるケースがあります。近頃のお掃除シートは、繊維が改良されているため、使用した後に便器に流せるタイプがほとんどです。しかし、ティッシュペーパーに比べると水に溶けにくく、こちらも大量のお掃除シートを一度に流してしまうのは、大変危険です。1回の水洗で流して良いのは1枚。何度も流すと水がもったいないという人は、ゴミ袋などに捨てるようにしましょう。

トイレに流すべきではないものが詰まってしまった場合

対処方法

ボールペンやスマートフォンのような、トイレに流すべきではないものが不注意によって詰まってしまった場合は、取り除かなくてはなりません。ですので、まずはどこに詰まってしまったのかを確認しましょう。便器内の水をバケツなどに汲み取ってからゴム手袋をして便器に手を突っ込んでみて、詰まっているものが分かるようであれば取り出してください。分からない場合は、かなり奥の方で詰まっている可能性が高いので、専門業者に相談するのがおすすめです。

原因

これらのものを落としてしまう理由は、不注意です。例えばボールペンなどは、サラリーマンなどがワイシャツの胸ポケットに挟んでいて、トイレの水を流そうと前傾姿勢になった時に、うっかり落としてしまうのです。これと同様の理由で落としてしまうものとして、名刺入れや口臭対策のタブレット食品など。これらのものを胸ポケットに入れることが多い人は、日頃から注意しましょう。

一方、スマートフォンは、用を足している時にいじっていて、手を滑らせて落としてしまうパターンが圧倒的に多いです。スマートフォンの中には防水機能がついていないものもあるため、落としてしまうと便器を詰まらせたことと、スマートフォンを壊してしまったことの2つでダメージを受けてしまいます。なるべくトイレでは、スマートフォンを操作しないようにしましょう。

汚水管で詰まっている場合

対処方法

汚水管で詰まりが発生した場合は、専門業者に相談しましょう。素人がやろうとしてできるような作業ではありません。

原因

理由として考えられるのは、トイレの排水桝に汚れがたまっているケース。排水桝とは、汚水と一緒にゴミなどの固形物が流れてしまわないように設置されている設備のことで、汚水管の合流部分などによくあります。ここの部分にゴミが溜まってしまうと、汚水管にまで影響してきます。

これ以外では、汚水管を長年、使うことで、汚水に混じっているゴミなどが汚水管に張り付いてしまうことで徐々に水が流れにくくなってしまうことがあります。

自分で直したケース

成功談

家に遊びに来た友人の子供がトイレに大量のティッシュを流し、水があふれてしまいました。なんとかつまりを解消しようとスッポンを試みましたが、直らなかったのでネットで調べた情報を試してみることに。バケツに水を汲み、あふれない程度に流し続けたところ、2~3回ズボズボやって一気に水が引きました。ちょうどスッポンをホームセンターで買っておいたところだったので良かったです。後で調べて分かったのですが、ティッシュは水に溶けにくいので、本当は流してはいけないらしいです。

失敗談

突然、頻繁にトイレの水があふれるようになりました。その際、ラバーカップを使って直していましたが、別のところに問題があるようで、数日経つと水の流れが急に悪く…。ラバーカップで解決しない場合、何が原因になっているのかを調べたところ、下水道につながる汚水管そのものに何かがつまっているとのこと。駄目もとで、市販の薬剤にも挑戦しましたがこちらも解消せず、業者さんを頼みました。どうやら、年数が経った汚水管に油汚れの層ができあがっていたそうです。

それでもダメなら……
みずもれ先生 ラバーカップを試して良いのは、水に溶けるものを流したときだけじゃ。水に溶けないものを無理やり流すと、汚水管でつまりを起こし、大きな工事になってしまうぞ。またトイレの汚水管には、油による汚れが何層にも重なっていることが多く、市販の薬剤では溶けない場合がほとんどなのじゃ。薬剤を投入しても解決しない場合は、専門業者に相談!このサイトでは、みずもれ先生が選んだおすすめの施工業者を紹介しているので参考にするといいぞ。
頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。