トイレの
トラブル
お悩み リスト
トイレタンクの水漏れ

トイレのこびりつき汚れ

トイレの便器に黄色くこびりついた汚れの正体は、尿石と呼ばれるものです。尿石は尿の中に含まれているカルシウムイオンが濃縮し、空気に触れることでカルシウム化合物となり汚れとして便器へ付着します。

特に便器のフチの裏側は、尿石が蓄積しやすい部分。一度こびりついてしまうと、ブラシで擦るだけでは落ちないかもしれません。頑固なこびりつきの汚れを落とす、良い方法はないのでしょうか。ここではおすすめの掃除グッズや掃除方法、また予防法についても詳しく解説します。

対処方法

トイレの黄ばみを落とす方法には、酸性洗剤で落とす方法、削って落とす方法、重曹とお酢を使う方法の3つがおすすめ。では、具体的な落とし方を見ていきましょう。

酸性洗剤で落とす

洗剤には、アルカリ性、中性、酸性などの種類がありますが、トイレの黄ばみに効果的なのは酸性の洗剤。トイレの黄ばみの元となっているのは、尿に含まれる成分が固まってできる尿石。この尿石はアルカリ性なので、酸性の洗剤を加えると中和されて落ちやすくなるのです。

作業手順は、まず便器内の水を抜いてから黄ばみが目立つ部分に酸性洗剤を塗ります。使用する洗剤は、市販のもので十分。中でもおすすめなのは、「サンポール トイレ洗剤 尿石除去」です。洗剤を塗った後は、その洗剤が流れて落ちてしまわないようにトイレットペーパーで覆ってしまいましょう。その後、1時間程度、放置したら水を流して黄ばんだ部分を、トイレブラシなどで汚れを落とします。上手く落ちない時は、もう一度、洗剤を塗ってもう少し長い時間、放置するとより効果的です。

削って落とす

この方法は、洗剤でも落ちなかった汚れを落とすための、言わば力業。ゴム手袋を装着して、作業を行いましょう。洗剤を使う時のように便器の水を抜く必要はありませんが、便器は陶器で出来ているので、あまり力を入れすぎてしまうと傷つけてしまう可能性があるので、注意が必要です。

重曹とお酢を使う方法

重曹とお酢を使う方法は、便器にトイレットペーパーなどが詰まった時におすすめの対処方法ですが、トイレの黄ばみも落とすことが可能。洗剤を使った時ほどの効果は見込めませんが、簡単なのでやってみる価値はあります。

まず初めに、トイレの元栓を閉めてから便器の水を抜きます。その後、重曹をたっぷりと振りかけて、水で3倍に薄めたお酢をシュッシュと振りかけたら泡が発生するので、そのまま時間がたつのを待ちましょう。最後にトイレブラシで磨いたり、トイレットペーパーでふき取ればOKです。

汚れの種類と付着する原因

トイレで見かける汚れには、黒ずみや尿石、水垢などいくつか種類があります。なぜこれらの汚れが便器に付着してしまうのかを見ていきましょう。

黒ずみ

タンクや便器などに付着している黒ずみの正体は、カビです。中でも黒カビは、放っておくとドブのような悪臭が立ち込めてしまうので注意が必要です。

タンク内に黒カビが繁殖しているということは、タンク内の水が流れる便器にも黒カビが流れていくということになります。ですので、タンク内に黒カビが発生していないか、こまめにチェックしましょう。黒カビは、水垢と混ざり合うと、とても頑固な汚れになってしまいます。ですので、3か月ちかく放置した黒カビは、かなり落とすのに苦労します。

また、黒カビは、肺炎や喘息、アレルギーの原因となるなど、人体にも大きな影響を及ぼす細菌として有名。そのようなことにならないように、トイレ内がカビ臭いなと感じたら、掃除をするようにしましょう。

尿石

尿石とは、その名の通り、尿が固まって石のように硬くなってしまったものを言います。尿には、体内から排出されたミネラル分が含まれており、このミネラルが空気や水などに含まれる成分とひっつくことで、固まってしまうというしくみ。トイレで小便をするといたるところに飛び散ってしまい、便器の水を流しても気が付かないところで付着したままになってしまっているのです。便器のフチの裏側などが良い例。そのしぶきがどんどん時間をかけて何重にも積み重なり、石のようになってしまいます。

固まってしまった尿石は、なかなか頑固で取り除くのが難しいため、ついついそのままにしてしまうという人も多いのではないでしょうか。一人で暮らしているのであれば、自分さえ我慢すればすむ話です。ところがこの尿石は、そのままにしておくと、どんどん尿を吸い取って大きくなり、雑菌などが入って繁殖し始めると、健康にも被害が及びます。

水垢

ざらざらとした見た目が特徴的な水垢の原因は、水道水の中に含まれているミネラルです。そのため、便器よりも、トイレタンクや蛇口に発生しやすくなっています。

ミネラルは、トイレの水を流したり、蛇口から水を出したりすることで、湿ったり乾いたりを繰り返します。このことが原因で、空気中の酸素や二酸化炭素と結合し、塊となってしまうのです。

水垢は、白っぽいので、黒ずみや尿石に比べると目立たないので、普段はあまり気にならないかもしれませんが、新品の便器と比べると陶器のツヤが全くちがいます。これが、水垢が付着している証拠なのです。

自分で直したケース

成功談

普段は通常のトイレ洗剤を使用していますが、どうしても取れない黄ばみがありました。その正体は尿石だと知り、さらに酸性洗剤が効くということで、さっそくホームセンターで購入。家に帰って、こびりついた尿石にかけて待つこと小一時間です。見たところ、黄ばみは落ちていません。
少し不安になりましたが、トイレブラシで軽く擦ってみると黄ばんでいた部分はすっかりときれいになり、ピカピカの便器になりました。

失敗談

便器のフチの裏側と水が溜まる底の部分に、尿石がこびりついて困っていました。特にフチ裏は、薄茶色のまさに石化した尿がびっしり。ネットで調べたお酢とサンドペーパーを使う方法を試したところ、3分の1程度は落ちましたが、お酢の匂いがきつ過ぎて家族から苦情がありました。多少の効果はあったものの、匂いがきついことやサンドペーパーで便器を傷つけてしまう心配もあるので、もっと良い方法を調べているところです。

それでもダメなら……
毎日こまめに掃除していても、市販のトイレ用洗剤では尿石によるこびりつきを避けきれないだろう。また長年使用していれば、当然汚れは蓄積するもの。業務用の強力洗剤などできれいに除去することもできるが、素人が扱うときは注意が必要じゃぞ。作業をするときはゴム手袋やゴーグルをして、窓を開けて十分な換気を忘れないように。それでも落ちない場合はサンドペーパーなどでこそぎ落とすのだが、心配な方は専門業者に依頼したほうがいいだろう。
頼れる水道業者ランキング 詳しい結果を見る
良い水道業者の選び方
このサイトについて
トイレって自分で修理できるの?
トイレタンクから水漏れ…どうしたらいいの?
業者に頼むと費用はどのくらい?

突然起こったトイレのトラブルは、被害を最小限に抑えるためにスピード解決したいもの。そこでこのサイトでは、水まわりに詳しい「みずもれ先生」と、あまり何も考えていない「つまりくん」が、頼りになる水道業者をランキングで発表!

ほかにも安心して任せられる業者の見極め方や、トイレの水漏れを自分で直す方法を分かりやすく解説。いざというときのために、お役立てください。